ゼニカルを飲むとどうなるか

ゼニカルは、オルリスタットを主成分とする医薬品であり、スイスの世界的製薬会社のエフ・ホフマン・ラ・ロシュ社が製造販売知れている肥満症の治療薬です。
ゼニカルは、消化液などにふくまれる脂肪分解酵素トリアシルグリセリドリパーゼの効果を阻害する事により、飲食で摂取された脂肪を消化器官で吸収しやすい様に分子量の小さな脂肪酸とモノグリセリドに遊離する効果を抑制する効果があります。
ゼニカルは、食後1時間以内に服用するだけで、トリアシルグリセリドリパーゼに遊離されなかった脂肪が消化器官で体内に取り入れられる事無く、便として排出され摂取した脂肪の約3割軽減し摂取カロリーをコントロールする事が出来ます。その為、肥満症の治療薬としてだけでは無く、高血圧や高脂血症、糖尿病の改善にも効果があるとされ、加えて手軽なダイエットピルとしても、世界各国で服用されています。
しかし、摂取した脂肪をそのまま便として排出する為に、便意のセルフコントロールが出来なくなり、意思とは無関係に排便が漏れ出したり、オナラと間違えて下着を汚すなどの排便に関するトラブルがあるので気をつける必要があります。
又、摂取した脂肪がそのまま排出されてしまう為に、脂肪と共に脂溶性のビタミンなどが排出されてしまいます。その為、ゼニカルの継続服用に際しては、服用後2時間程度開けてマルチビタミンなどのサプリメントで栄養素を補う必要性があります。
ゼニカルは、食欲抑制剤の様に中枢神経に作用する事が無く、消化器官で作用し数日で排出され体内に蓄積される事が無いので、薬物に対する依存性や副作用の重症度、頻度が非常に軽く、アメリカ食品医薬品局の認可を受けている非常に安全性の高い医薬品です。